「尽くす」から「遂げる」へ。

今日、体験いただきました、漢字パーソナル鑑定。

気になる漢字は、「尽」と「遂」
どちらも終わりを表す漢字ですが、
その意味は大きく違います。

誰かのために頑張っって、
「尽くす」「尽くしている」のですが、
その行動動機は「誰かのため」、
だから、どこか自己犠牲もあります。
それがどんなに大切な人だったとしても、
その想いが切れてしまうこともあるのです。
「愛想が尽きた」にも、
「尽」の字が入りますよね。

でも、「遂げる」はどうでしょう。
成し遂げる、添い遂げる、遂行する。
どれも自主的に、やり遂げる言葉ですよね。

遂げるためには、「愛」や「信」が必要です。

愛を持って一生懸命尽くせば、
きっと「遂」になるでしょう。

後悔しない自分でいたいですね。