最近、迷っている人が多いらしい。

最近「迷っている」という言葉をよく聞く。

また、迷っているらしい文章もある。

迷うとは、

何かを決められなかったり、

何かがわからなくなったり、

何かを見失ったり、

そしてその結果、行動が停る。

わたしも迷っている。

多分、迷走している。

自分の書きたいこと、伝えたいこと、

他の人が聞きたいこと、知りたいこと、

その接点がなかなか見つからない。

どうすれば見つかるのかも分からない。

だから、ただ闇雲に書いている日もある。

言葉が定まらず、迷ってばかりいる。

でも、接点が見つかれば、どこにあるのか理解できれば、

悩みはきっと解消する。

理解とは、理(ことわり)を解決すること。

「理」とは、自分の中にある

わたしの場合の理とは、読者との接点。

つまり接点のある場所が理解でき、言葉を決めれば、

悩みは解消することになる。

迷っている時は、

何を探しているのか、まずは自分が理解することも大切です。

漢字はこれらのことを、わたしたちに教えてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です